事前調査が重要|厄介なイタチは退治しよう【被害拡大を回避する為に】

厄介なイタチは退治しよう【被害拡大を回避する為に】

事前調査が重要

ハクビシン

ハクビシン駆除を行う前にやるべきことがあります。それは事前調査です。家の中に侵入している害獣は何かを特定したり、侵入口の有無、糞がないかなどを確認します。そうした調査を自分で行った後に自分でハクビシン駆除をするのか専門業者に依頼するのかを決定します。ハクビシンに関しては、勝手に駆除していいものではありませんので、注意することがあります。それは市役所などに事前に駆除申請をしなければいけないということです。2週間から3週間程度で申請結果が出ます。こうした手続きを行うのが手間だと感じる人は素直にプロの業者に委任した方がいいでしょう。手続きも含めて代行してくれる専門業者がありますので、問い合わせをするときに確認すると良いです。

ハクビシンは追放したり捕獲することで終わりではありません。家の中からいなくなっても帰巣本能が強いので、また戻ってくることがあるのです。そのため、ハクビシン駆除には侵入口を塞ぐということが必ず行わなければいけません。ハクビシンは3センチ程度もあれば侵入することができますし、こじ開けて入ってくることもあります。床下や屋根裏のまわりに隙間や穴がないかどうかを調べましょう。そうして穴や隙間を発見した後はその侵入口にアルミパンチングを使って遮断しましょう。ちなみに、ハクビシンは屋根の瓦から侵入することが多いです。瓦が崩れかけていないか、弱っているところはないかを見て修理や補修することも重要です。ハクビシン駆除では侵入口を塞ぐことが最も大切です。