害獣がもたらす多くの被害|厄介なイタチは退治しよう【被害拡大を回避する為に】

厄介なイタチは退治しよう【被害拡大を回避する為に】

害獣がもたらす多くの被害

困る婦人

人間の生活が荒らされる

緑豊かな土地に暮らしていると、人間の住居に害獣が巣を作ってしまうことがあります。熊のように直接的な害をもたらさない動物であればそのまま放置しておきたいと考えることもありますが、害獣駆除に乗り出さない場合生まれるデメリットを考えてみましょう。害獣が人間の住処に侵入する大きな理由は、そこに食料があるからです。納戸にしまっているお米や台所においている食べ物は、害獣にとって格好の食料です。きちんと業者に害獣駆除を依頼しなければ、人間が備蓄しているものが荒らされてしまうのです。また何より深刻なのが健康被害です。害獣駆除しない限り人間の住まいに糞尿を残されてしまうだけでなく、死骸に害虫が集まってきます。そこから人間が病気になることもあります。

専門家の仕事

ホームセンターに足を運べば小型の害獣を捕らえられる罠が販売していますが、ネズミのように賢い害獣はそうした罠をすり抜けてしまうことがあります。またイタチのような害獣に一般市民が危害を加えることは許されていませんので注意しましょう。捕らえた後の害獣の駆除方法が分からない時は、業者に依頼して害獣駆除に乗り出すことが大切です。特に業者であれば害獣の進入経路から行動範囲まで熟知していますので、時間をかけずに駆除してもらえるのです。駆除後は進入経路を塞いでもらいましょう。またネズミは単体で行動しませんから、一匹家の中で見かけたら「つがい」で生活していることも珍しくありません。害獣駆除業者であれば複数の害獣を一挙に駆除できるのです。